宅建 独学合格講座

テキストの読み方

学習方法についてお伝えします。

 

学習方法は、読むだけです。
そして繰り返し読込します。(繰返し学習の方法は、後で詳述しますね)
合格を確実にするには3回読込をおすすめします。

 

 

【学習方法のポイント】

 

1.ノートはつかわない。

ノートを書いていると膨大な時間がかかり勉強が終わりません。
テキストを写す写経のような無駄な時間よりも、考えながら読込した方が記憶に残ります。

 

2.マーカーは使わない。

みなさんも経験あるのではないかと思いますが、マーカーを利用しながら読んでいると気がついたらページのほとんどがマーカーで一杯になっていた。なんて経験があるのではないえしょうか?

 

これでは2回目以降の読込の時に、何が重要なのかわからなくなってしまい、見にくくなってしまいます。
なので、余程のことがない限りマーカーを使用しないことをお勧めします。

 

3.苦手箇所をチェックしておく。

読込していくと、理解や暗記しづらい箇所があると思います。ページの余白にチェックをしておいてください。
試験直前に見直しする時に役に立ちます。

 

 

 

次に民法の学習についてお伝えします。

 

次ページ「民法の学習」へ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

<スポンサーリンク>

page top