宅建 独学合格講座

宅建試験の体系

宅建試験の体系
宅建試験の体系についてお伝えします。

 

ご存知方も多いと思いますが、試験の合否は相対評価です。

 

合格点が決められていないと言うことです。

 

言い替えれば大学受験のように定員が決まっており、自分がよくできたと思っても、他の人が自分以上にできていれば不合格となります。

 

なので合格発表日まで合否がわかりません。

 

相対評価なので、毎年合格点が変動します。

 

【最近の合格点31点〜35点(50点満点)】

 

参考に以下のサイトをご覧いただけるとわかりやすいと思います。

 

過去問で37点前後を取れるようになれば大丈夫でしょう!

 

次に試験内容についてお伝えします。

 

最近の試験問題は過去に比べ難しくなっています。特に民法・・

 

みなさんも数年前の過去問を体験して頂くと実感できると思います。

 

前に記載しましたが、合否の鍵は民法の理解度にあると言っても過言ではないです。

 

また試験時間は50問で2時間の試験ですが、かなり時間がタイトな試験だと思います。

 

特に民法は、考える時間が必要であり時間をト取られるため、過去問をしっかりと学習してください。

 

試験問題は定番問題と難問や奇問が織り交ぜてあります。

 

 

定番問題は必ず落とさないように・・・
(携帯用の問題集を活用してください)

 

難問・奇問は後回しに回答するなど試験テクニックが必要です。

 

また、受験者の動揺をさそう出題の仕方をしたもします。

 

試験問題は、科目毎に出題され民法から始まっていきます。

 

科目の問題の1問目、2問目など最初のほうに難問・奇問をぶつけて受験者の動揺を誘います。

 

真剣に考えて時間を割いてはいけません。即決で捨てる問題の見極めも大切なテクニックです。

 

何せ、時間がタイトな試験なので過去問で時間を計りながら練習してください。

 

 

 

次に試験3日前に1点を獲得する方法をお伝えします。

 

次ページ「試験3日前に1点」

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

<スポンサーリンク>

page top